クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

クジライク~脱衣所が生まれ変わる~

DIY担当の高田です!
先日のクジライクのご報告をさせていただきます。

クジライクとは

クジライクとは児童養護施設や障がい者の作業所などに、クジラメンバーが月1回部屋をおしゃれにするお手伝いをしに行くイベントです。
共同生活する場所を居心地のいい空間にしたい!ものを整理できるようにしたい!などたくさんのご要望をいただき、そこに住む子供たち、働く方々と一緒にDIYで解決します。
毎月この活動を積み重ねていくことで部屋をおしゃれにするだけでなく、「カッコいい大人とはどういう人なのか」「社会とはどういうものか」など一緒に考えたりする機会も設けます。

このイベントはお客様がリノベーションした工事代金のうち1%を材料費や活動資金にあてております。
「未来に繋がるカッコいいを創る」というクジラチームの想いをこの活動を通してたくさんの方に届けていきます。

過去のクジライクはこちら

 

今回のDIYは?

子供たちとDIYするのはみんなが使う脱衣所!
カビで壁が黒ずんでいたり、誰かが喧嘩したのかドアに穴があいていたり。。
修理するところは修理して、もっとカッコよくしよう!ということで子供たちとのDIYが始まりました。

IMG_0119 IMG_0117

自分たちでデザインを考える!

まずはデザインから!
子供たちと初の顔合わせをし、どんなデザインにしたいのかを話し合います。


私「扉に簡単な模様を書かない?どんなのがいい?」
子供たち「・・・。」緊張してる様子。
私「例えば、縦に2本線を入れるのはどうかな?」
子供たち「それなら、緑がいい!」「黒がいい!」「黄色がいい!」「イナズマの柄を入れたい!」

などなどたくさん意見が出てきたので、わかりやすく書いてみました。
脱衣所の壁も子供たちと一緒に考えました。

常照園 扉パターン常照園 壁パターン

 

子供たちがこの中から選んでくれました。

結果は扉①、壁④!!

DIY当日

扉の補修

穴が開いた扉の補修は弊社大工の池田さんと!
工具の使い方も教えてもらって初めて握るインパクトドライバーで作業。

まずは細い木材を使って下地を入れます。

 

次に穴の大きさに切った木材をボンドでつけます。

凸凹を埋めるためにパテで平らにして乾かします。

乾いたら、次は塗装です!
補修しているところがムラになりやすいため、二度塗りをします。

二度塗りがきれいにできたら最後に模様をつけます。
マスキングテープで色を塗りたいところをかたどり、好きな色を塗ります。


マスキングテープをはがすと、、、

完成!!!

穴はきれいに補修できて、満足できる扉ができました!

kizi

壁の塗装

今回のDIYのもうひとつの箇所。
脱衣所の壁は黒ずみ、カビも見えていたため、きれいに塗装しなおし、清潔感を取り戻します!

IMG_0117

まずは床や、ペンキが付いたらダメなところに養生シートで養生。
地味な作業だけど子どもたちは丁寧に真剣にやってくれました。

「はやく塗りたい」とわくわくしていた子どもたち。
いよいよ塗装です!
ローラーが入らないコーナーや入隅などは刷毛で、平らな面はローラーで塗っていきます。
こちらの塗装もムラになりやすいので二度塗りをしました!

kizi

「始める前と比べると、部屋が明るい!」そう言いながらみんなでひたすら塗装します。
ベースの色がきれいに塗り終わると、次は1人ずつ好きな色を塗っていく時間。
マスキングテープでかたどりして順番に好きな色を塗ります。
好きな色を塗り、自分たちがこの脱衣所をきれいにした。という証を残しました。

これで今日のDIYは全て終了です。

壁

 

まとめ

壁も扉もきれいになると、子どもたちからは「床もきれいにしたいね!」「棚も作りたい!」など積極的な言葉がたくさん出てきました。
頭や顔にたくさんペンキをつけて真剣に作業していた子どもたちは作業が終わってみると、「自分たちできれいにしたんだ!」と自信を持ち、みんなに自慢して満足そうな顔になっていました。
DIYが終わってからもみんなで「お風呂掃除しよう!」と言って自分たちが使う空間を大事にしている姿を見ることができました。

今回のDIYでは、DIYを通じて、「物を大切にする気持ちを持ってほしい。」、「自分の居場所に愛着を持ってほしい。」そんな私たちの思いは少しだけ子どもたちに伝わったような気がしてうれしくなりました。

これからもクジラではDIYで子どもたちに大切なことを教えてあげられるようなイベントをやっていきたいと思っています。

またDIYの報告を楽しみにしていてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

髙田 菜々

髙田 菜々

DIY事業のリーダーと営業を担当。マイブームは写真を撮ること。スマホでばかり写真を撮っているので、カメラを買おうと計画中!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top