クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

プロしか知らない!モデルルーム・モデルハウスの歩き方

こんにちは、クジラインターン生の山根です。
建築を学ぶ僕は、先日後学のためにとあるハウスメーカーのモデルハウスを見学させていただきました。

展示場

とにかく楽しい!

モデルルーム02

カッコいい!


モデルルーム01

ここも住みたい!

 

早く自分だけの家がほしい!!

 

・・・

 

そして帰宅。

とにかくテンション高く1日が終わり、「あれ?自分は将来どんな家にしたらいいんだろう??」とパンフレットだらけのテーブルの上を眺めながら気づきました。

どこを見ていいかわからない。

ご存知の通り、モデルルーム・モデルハウスとは無料で見学できて、スタッフの方にその場でいろいろと相談できる見学専用の住宅です。

しかし、プロのインテリアコーディネートを見れる機会でもあります。ついつい目移りしてしまい、当初の目的より目の前のワクワクする空間で頭がいっぱいになってしまいます。

冷静になって振り返ると「どこを見てきたらよかったんだろう」と少しさみしくなる方も少なくないようです。

不動産・デザイン・建築すべてのリソースが揃うクジラ株式会社の先輩の知識や経験を集約した、「モデルルーム・モデルハウスの歩き方」をぜひここにまとめたいと思います。

行く前に知っておきたいこと。

モデルルーム・モデルハウスの種類って?

IMG_8746edited

モデルルーム・モデルハウスに行こうと決めたらまずは、見て回りたいメーカー・業者のイベントをチェックします。毎日やっているところもあれば、週末にしかやっていないところもあります。また、予約必須の場合もあるので当日何も知らずに行って見れなかった、なんて事にならないようにご注意を。初めての方であれば、とりあえず行ってみることが大事なので日程が合えばどこでも構わないです。

実はモデルルーム・モデルハウスと言っても、様々なパターンがあります。大きく2種類に分けるとズバリ、

・購入できるモデルルーム・モデルハウス
・施工会社の事例を知ってもらうためのモデルルーム・モデルハウス

の2つです。

購入できるモデルルーム・モデルハウス

不動産の管理(請負)会社が行っているものが主です。

実際に家具などを搬入することで、室内の広さを体感レベルでイメージしやすくなりますし、予約せずとも物件の中を見れるところも多いので業者と日程を合わせるなどの手間が要りません!

施工会社の事例を知ってもらうためのモデルルーム・モデルハウス

ハウスメーカーや、工務店などが行っているものが主です。よくある住宅展示場などがそうですね。

自社の技術にはこんなものがありますよ!こういうデザインの家を建てるのが得意です!という事をお客様にアピールする目的でやっています。各社の特徴がわかりやすく展示されてる上に、スタッフの方も他社との比較を説明してくれます。

どういうところに行けばいいの?

総合住宅展示場

大手ハウスメーカーから地元工務店までがまとまってモデルハウスを展示しているのが総合住宅展示場。具体的な計画は無いけど、イメージを掴むために初めて見学するときに良いと思います。

展示数も相当あるので1日過ごせますし、各社様々なサービスやイベントを用意しています。子供向けの無料のおみやげを配布したり、ドリンクを用意していたりなどするので家族で行ってもなかなか楽しめます。

ハウスメーカー展示場

各社が自社の商品(モデルハウス)をひとつの敷地に複数展示しています。もちろんお客様に契約いただくための展示場ですので、商品のグレードやデザイン別にわかりやすく展示しています。

担当者がひとり付き添ってくれるのが特徴で、商品の特徴や価格、他社との比較を細かく説明してくれます。

完成見学会

これは少し特別で、施主であるお客様に了解を取って実際の完成現場を見に行く見学会です。ハウスメーカーや工務店が売れ筋やイチオシ商品を用意するモデルハウス・モデルルームとは違い、お客様が実際に注文した現場を見に行くことができます。

開催時期が不定期ではありますが、施主とどんなやりとりの末に完成したのか?などの具体的なプロセスやストーリーを知ることができるチャンスです。

 

見学の際に注意する事

IMG_0928

とにかく明確な目的が大切

ご自身のプランで何に困っているのか?をはっきりさせて行く必要があります。モデルルーム・モデルハウスは完成したモノ(結果)しか見ることができません。部屋全体の色のバランスを知りたくて行くのか?リビングの広さを体感するために行くのか?様々な間取りを見て参考にするために行くのか?・・・など自分が知りたいことを掲げて行く必要があります。

実際に購入する際の間取りとは違う

モデルルーム・モデルハウスは購入時の標準的な面積よりも広く建てられていることがあります。
また、お客さんから「この家いいな、オシャレだな~」と思ってもらうために、生活導線よりもインテリアの配置にこだわれる間取りになっていたり、空間を広く見せる間取りで作られています。モデルハウスの間取りが実際に購入する際の間取りになるということはないので、購入する際の間取りは大きく変わるということを念頭に置いて見学するようにしましょう。

今自分の家にある家具をチェック!

家具の大きさは物によって違います。仮にモデルハウスをそのまま購入契約しないにしても、事前に家具の寸法を測っておく事で、家を建てた後に家具が置けない!なんて事態を回避できるケースもあります。デザイン面で考えても、家具の大きさが室内のデザインにどのくらいの影響を及ぼすかを考えるために、今家にある家具でお気に入りのものがあれば家具の寸法をしっかり測っておく事が大切です。

思ってたよりも高くなった?

モデルルーム・モデルハウスで展示されている設備はとてもかっこよく見えて魅力的ですよね。
しかしその分、もちろん設備にもそれなりの費用がかけられています!!
そのため、気に入った設備があったとしても購入する際にオプション料金がかかるといったことも考えられます。見学時にはどの部分が標準仕様でどの部分がオプション仕様なのかを確認するようにしましょう。

こんな悩みを持った方にもおすすめ!

モデルルーム・モデルハウスは実はこのような悩みも解消してくれます。

生活のイメージがつかない

資料は取り寄せて見比べてみたけど、全然生活のイメージがつかないという人も多いはず。そんな方のためにモデルルームはあるようなものなので、実際にソファに座ったり、キッチンに立ってみたりするなど、普段の生活でやっていることをやってみてイメージをつかんでみてください。

買いたい家の間取りに不安がある

例えば、買いたい土地があるけれど、間口が狭いので新築を建てたはいいものの家具を入れたらとても狭くなるんじゃないか…という不安を抱えている方には、同じくらいの間口のモデルルーム・モデルハウスを見に行くのをおすすめします。
モデルルーム・モデルハウスには家具が設置されているので、おおよその生活感が掴めるのではないでしょうか。

中古戸建をリノベーションしたいけれど施工業者を決められない

業者によって、もちろん所属しているデザイナーが違いますからデザインの得手不得手も違います。また、施工方法も業者ごとにそれぞれ独自のものがあるので、自分のイメージしているプランを形にできる業者をモデルルーム・モデルハウスを回って探しましょう。

ここがポイント!チェックリスト

checklist-2077023_960_720見学の際に確認すべき点をまとめてチェックリストにしました。
以下にチェックリストを載せておきますので、見学の際にはプリントアウトして持って行っていただくのをお勧めします!

チェックリスト

終わりに

家を買うというのは一生で一番大きな買い物だと思います。
それだけに、慎重に慎重に買わなければならないと思っている方が大半です。
しかし、これからはいろんな家に移り住むこともできる時代になっていくので、様々な選択肢を探して見つけ、自分にあった一番いい家を見つけることが重要です。
その第一歩として、皆さんもモデルルーム・モデルハウス見学に行ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

山根広大

山根広大

営業担当をしています。今年の目標は、海外旅行のための貯金をすること!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top