クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

片づけが苦手な人でもコツをつかめば整理収納は出来る!

82280ed1c26137dfdf83db086be0ec41_m

片付けが苦手な人は少なくありません。私も片づけは苦手でした。そんな人でも少しずつ課題となっているものをクリアしていくと、いつの間にか片づけが出来るようになっちゃうんです!

片づけ(収納)のコツとして一番大切なことは「整理」なんです!片付けは「整理をしてから収納」という順番が大切になります。

1. 整理とは?

整理とは不必要な物を取り除くことをいいます。どんな暮らしが理想?モノが増える原因は?捨てられないと思っている理由は何ですか?まず整理のゴール(目的)をイメージすることが大切です。

2. 部屋が散らかる原因とは何か

モノは勝手に増えたり減ったりすることはありません。散らかってしまう原因として大きく2つあります。

  • 物が増えてしまう原因

モノが増えるということは、買うもしくはもらうということをしています。また、モノが増える原因のキーワードとしては、感情・欲・流行・見栄といったこともありますね。

セールだからお得感がある、ストレス発散といってたくさん買い物をしていることはありませんか?そうしていくうちにどんどんモノが増えて溢れ返ることに…

  • 物が捨てられない原因

まだ使える、いつか使うかもしれないと思って置いてあるものはありませんか?どこに収納しているかもわからないものや、何年も使っていないものも多くあるかもしれません。

そういった「しがらみ」などがモノが捨てられない原因にあげられます。モノを減らすためには捨てる・あげる・売るといったとをしなければなりません。

3. 整理・収納5つの鉄則

  1. 適正量の決定
    まずは自分の適正量を決めましょう。使っていないものは捨てる、リサイクルショップに出すなどして減らします。

     

    捨てるときのコツはそのモノの役割を活かせているか考えることです。服やモノなどの適正量が決まれば、一つ買うなら一つ捨てるということをしましょう。常にモノは増えやすい状態にあります。積極的にモノを減らすよう心掛けましょう!購入するときは、本当に使いきれるか一度考えることがモノを増やさないコツです。

  2. 動作・動線にかなった収納
    動作の数=アクション数とされています。アクション数を減らすこと、動線を短くすることが使いやすさにつながります。

     

    例えば アクション 扉を開ける → 箱を出す → モノを取る これだとアクション数は3つになります。では壁のフックに掛けているものを取るとしたら フックに掛かっているものを取る という動作だけなのでアクション数は1ということがわかります。

    アクション数を減らすと手間がはぶけるので、モノが使いやすいということがわかります!

  3. 使用頻度別収納
    使用頻度によって収納する位置を変えましょう。毎日使うものは取り出しやすいように工夫します。
    使用頻度の区別の仕方は5段階で分けるといいでしょう。

     

    使用頻度1…毎日使う 使用頻度2…2~3日に1回使う 使用頻度3…週1程度使う
    使用頻度4…月1回程度使う 使用頻度5…年1回程度使う

    この使用頻度が1~3のモノを整理しておけば、生活は格段にしやすくなります!

    1年に1回も使わない、どうしても捨てられないモノには1年先の期限をつけてラベルを貼っていきましょう。いつか使えると思ったモノでもあらかじめ「半年過ぎたら捨てる」などと決め、賞味期限を決めておくと捨てやすくなります。「2016年8月31日まで」と段ボールに書いておくといいでしょう。

    使用頻度1から順にモノを取り出しやすい高さ順 中>下>上 という順で、並べましょう。中はゴールデンゾーンとも言われています。使用頻度の高いものから取り出しやすい場所に置いておくと身体ストレスはかかりにくくストレスもかかりません。
     

  4. グルーピングの効果
    いつも行う作業に使うモノや限られた機会にしか使わないモノをまとめておきましょう。100均のカゴやIKEAのカラーボックスなどを使うとグルーピングしやすくなります。グループを作ってセットにしてしまえばモノがそこ以外に動かないので、なくす心配も探す手間も省けます。
     
  5. 定位置管理
    収納する位置を決めましょう。探し物をしないようにするためにラベリングをすると、中身が一目でわかるのでそれ以外のものは入れにくくなります。

     

    定位置は永遠ではないので、使いにくいと感じたときや、年末、年度末を区切りに見直しをすることをオススメします。

4. 整理・収納をすることによって得する事とは

  • 時間の節約

例えば1日に5分の探し物をしたとします。そうすると1か月で6.5日も無駄にしているんです…。もったいないですよね?収納や整理がされているとモノを探さなくて良いので時間の節約になります。ということは約6日分の違う作業ができちゃうんです。

  • お金の節約

何かモノを購入して家に帰ると同じものを買ってきてしまった…という失敗はありませんか?整理や収納がされていると自分が何を持っているのか把握することができるので無駄買いや、二度買いを防ぐことができます。

  • 精神面の効果

どこに何があるかわからない!と探すのにイライラすることはありませんか?整理収納によってモノを探さなくてよくなったことで、気持ちに余裕がうまれます。

仕事や学習への意欲、モチベーションにもつながりますし、部屋が片付いているといつでも人を招ける状態が出来ます。家族や友達といった、周りとのコミュニケーションも自然ととれるようになりますね。

まとめ

整理収納には得することがたくさんあることがわかりましたよね!

片づけができると「あースッキリしたー‼」となって、そうしたら次は「他の部屋もやってみよう!」と、どんどん片付けていきたくなりますよね!整理収納のコツをつかめば、モノが増えることも減りますし、散らかることもなくなります。ぜひ、試してみて下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

菅原 沙絵

菅原 沙絵

DIY事業と品質管理を担当。マイブームもDIYすることで、最近は自分の部屋をDIYでおしゃれにして楽しんでいます!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top