クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

シャッター商店街にもニーズはまだある!ーあなたのビジネスチャンスに変える方法

あなたの家・会社周辺、通勤・通学路に商店街はありますか?私の地元もそうですが、大きさに違いはあっても多くの街には商店街がありますよね。

シャッター商店街が増えている一方で、強い人気を保ち続けている商店街もあります。今回はそんな商店街の新しい可能性を探るために、シャッター商店街が増える理由と、空き店舗を活用した新たなビジネスチャンスをご紹介したいと思います!640px-Orion_Street_mall_Kofu-City (1)

1.なぜシャッター商店街が増えているのか   

シャッター商店街が増えている理由は主に3つ挙げられます。

①買い物をする場所の変化

大手の大型ショッピングセンターや郊外型複合店がいたるところに進出し、スーパーやコンビニなどの登場により、「一つ」の場所で欲しいものは揃いますよね。ネットショッピングが発達し、大体のものは自宅を離れることなく手に入れることが出来ます。09104d02780e9e7bdd8aa7dc0ac3dea0_s

②交通手段の変化

少し遠出するとき、いつも車ではありませんか?自家用車の普及・道路の整備・駐車場の完備により、車での移動はどんどん便利になっています。ショッピングセンターで沢山買っても、車だったら楽々運べますよね。9c7091bd4ee36d63f6ee0f05fb6d78e6_s

③お店の事情

商店街のお店は、「サービスの質が悪い」「日曜日が休み」「営業時間が短く、利用し辛い」「商品管理が悪い」「値段が高い」などの理由で、お客さんが離れ、売り上げが下がったことや、後継者がいないせいで店を閉める場合も多いようです。

そして、家主が若い人や新規参入者に貸すことに積極的ではない、古い物件なのに高いテナント料金だったりして、なかなか新しくお店をやりたい人が入って来にくいということもあるようです。

2.空き店舗の活用方法

最近増えているお店

空き店舗に新たに出店する店で、最近は意外な業態が増えています。

マッサージ店

一日の事務仕事で疲れた会社帰りのOLや、運動不足のサラリーマンからニーズがあります。そこまで広くなく、二階の店舗でも大丈夫なので商店街の空き店舗でやるにはぴったりかもしれませんね。

また、クイックマッサージと言われる低価格のマッサージ店も成長しています。近くの商店街では驚きの30分500円というところもあって、このくらいなら…と、つい足を延ばしそうになってしまいました。
wellness-285589_640

コインランドリー

「マンションなどの集合住宅では大きいものが洗えない、干せない。」 「布団のシーツは洗いたいが、花粉が多く飛ぶ時期は外で干したくない。」 など現代だからこそ、ニーズが高まって来ています。また、犬の服や子供の上履き・靴はコインランドリーで洗うという主婦も増えているようです。

投資回収(最初にかかる費用分を収益として回収すること)も比較的早いため、挑戦しやすいビジネスになっています。
645ce479aaa39899309416e55870aee1_s

室内バイク置場

かなり意外だったのが室内バイク置き場。ターゲットは高級バイクを愛好している人々で、大切なバイクを雨風にさらしたくないため、駅近くの商店街の中に室内バイク置場があれば、彼らにとってうれしい施設になるでしょう。また、転倒やいたずら防止にもなりますしね。

車の駐車場は沢山ありますが、バイク置場は見かけないというところからも、まだ競合は少ないといえますね。
e4966db5bcda6c0c228f4f8c25c3c118_s

空き店舗を活用するための動き

空き店舗を何とかしようという動きは全国で起こっています。ここでは具体的な例を取り上げようと思います。

例1: 福岡県筑後地方柳川市

ここは古くは柳河藩の城下町で、町の周りには堀が張り巡らされ、その堀を船で下る川下りが代表的な観光アクティビティになっています。640px-Fukuoka_Yanagawa05s5s3200しかし、近年は空き店舗が増加し、シャッター商店街となっているんだとか。それを何とかするために、柳川の特産品や土産品を取り揃えるお店がオープンするなど、新たな動きを見せています。

例2: 茨城県日立市・大子町

地域を活性化していくために、茨城県は商店街などの空き店舗をシェアオフィスとして改装し、クリエーターやコンテンツ関連企業などを誘致するプロジェクトを始めています。事務所開設や運営費の補助をつけているそうですよ。architect-569361_640

例3: 静岡県熱海市

まちづくり会社「machimori(まちもり)」の主導により、銀座通り商店街にある元パチンコ店をリノベーションし、ゲストハウスが去年オープンしました。観光誘客を増やし街を活性化させるためにも、地域が一体となって後押ししてきたそうです。

例4: 天神橋筋商店街(大阪)

天神橋筋商店街といえば、日本一長い商店街で有名ですよね。今では想像がつきませんが、天神橋筋商店街も閑散としていた時期があったそうです。

では、なぜ活気を取り戻すことができたのでしょうか?大きくわけて二点あるのではないかと思います。

  • 時代のニーズに合っている

服や靴、日用品を取り扱っている店が多く、価格も安いです。また、ドラッグストアやスーパーもあるため日常の買い物に適しています。また、美味しくて安いレストランがあり、雑誌でも取り上げられるほどのラーメン激戦区になっています。

  • 新しい店が出店しやすい状況

商店街と出店したい人とが話し合い、意見やタイミングが合えば、まず家主から商店街自身が物件を借りて、それを出店したい人に貸しているなど、商店街が出店したい人と家主をつなぐ橋渡しの役割を果たしており、とても出店しやすい状況にあるといえます。

地域の人々が利用しやすく、なおかつ新しいお店も入ってくる。人が離れない仕組みが出来ています。
87435d9bcd1903b86514ae5467e3f694_s

まとめ

商店街が廃れていく理由と空き店舗の活用方法を見てきました。大きく言えることは「商店街はまだまだ可能性を持っている」ことではないでしょうか。

新しくビジネスを始めようと思っているそこのあなた、新しいオフィス・店舗を「商店街」に作ることを検討してみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

大屋 寿香

大屋 寿香

品質管理・総括を担当。マイブームはボルダリングで、休みの日にはクライミングジムを巡ります。みなさんも一緒にどうですか?

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top