クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

ご紹介、階段から始めるバリアフリーリフォーム

階段近年、高齢者が増え続けているというニュースをTVや新聞などで目にします。「日本は先進国一の高齢社会」「日本国民の4人に1人は高齢者」「年金制度が破綻するかもしれない」などの話はとても有名です。また「介護できる人間が足りなくなるので外国人を呼び込もう」といった具体的な政策を聞いたことがあるかもしれません。

この記事をご覧の方も、ご自分や大切な人の将来を考え「元気なうちにリフォームしたほうがいいかも」「定年後を見据えて家全体をバリアフリーにしようか」と考えた事のある方は多いのではないでしょうか。

しかし、当然のことですがリフォームをするためにはお金がかかります。家全体をバリアフリーにするなら、それだけ必要な額も増えてしまいます。初めてリフォームを行う人にとって、家を全てバリアフリーにするような大きな工事は少しハードルが高いと感じるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、初めてリフォームをする方や、どこからバリアフリー工事をすれば良いか迷っている方に向けて、階段リフォームをオススメし、工事を決めるまでに確認すべき3つの事を紹介したいと思います。

確認すべきポイントは

1.どこを工事するべきか
2.どういう方法があるか

3.使える制度はないか  

です。

1.一番最初に一番危険な場所を!

国民生活センターが発表した「医療機関ネットワーク事業から見た家庭内事故」による と、家庭内で起きた高齢者の事故は「転落」の30.4%が最も多く、「転倒」の22.1%を 合わせると半数以上となっています。その中でも、「階段」によるけがが最も多いそうで す。(「転落」43.3%、「転倒」15.8%)

筋肉や骨が衰えている高齢者は、少しの事故でも骨折や寝たきりになりやすいと言われています。

生活空間を1階にして階段を上り下りする回数を減らす事も重要ですが、転落しにくいバリアフリー階段にする、もしくは転落しても怪我しにくい階段にすることで、階段の昇り降りの不安を解消し、より安全により快適に暮らす事が出来るようになります。

2.手軽に出来る方法を探す

「階段リフォームは大掛かりになる」とお考えかもしれません。以前の階段リフォームはリフォーム用の部材が少なかったため、一度すべて壊して作り直すという規模の大きな工事になりがちでしたが、最近は様々な部材が増え手軽にリフォームが行えるようになりました。

リフォーム専用の階段部材を使えば、今ある階段板の上から板材を張るだけの簡単リフォームで、階段がキレイに生まれ変わります。摩擦力が高く柔らかいコルク製の部材を使うことで滑りにくい材料に変更出来るほか、万が一転倒しても衝撃を吸収してくれる安全性の高い階段にすることが出来ます。
koto

(例)
01
より手軽により安く工事できる方法があるかもしれないので、リフォームを行う際には、自分がやろうとしている事は他の方法でも達成できないか検討することも必要になります。

3.補助金制度を探す

階段用の木製手すりを取り付けるリフォームを行う場合、費用は50,000円〜100,000円前後となるケースが多いようです。

(例:14段のU字型階段に木製手すりを取り付けたい、また下地がないので補強工事が必要となる)

02

また、手すりの取り付けを行う理由が、65歳以上の人の介護や介護予防である場合、介護保険制度を使用することでかかった費用のうち1割の負担で取り付けを行う事が出来ます。この制度は数回に分けて利用することが可能なため、上限20万円のうち階段の手すり取り付けに使用して余った分の金額は、別のリフォームに使用することが可能です。

自治体によっては介護保険制度とは別に、高齢者住宅改修費支援制度や障害者住宅改造費助成制度などといった制度を設けている場合があります。これは各自治体によって制度があるかないかや内容が違ってきますので、下のような検索サイトでどのような補助があるのか確認した上で、自治体に相談をしてみましょう。

地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索サイト
(http://www.j-reform.com/reform-support/)

4  まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、初めてのリフォームとして階段リフォームをご紹介し、リフォームを行う際には、1.どこを工事するべきなのか 2.どういう方法があるのか 3.使える制度はないかの3つを確認した方が良いとお伝えしました。

家全体のバリアフリー化の一歩としてお考えの方も、手軽に済ませようとお考えの方も、ぜひ階段事故の悲劇をなくして、健康で快適なシニアライフを送ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

松下 英寛

松下 英寛

経理・総務を担当。マイブームは体つくりのために水泳・ランニングすること。レース用の自転車を買うため貯金中!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top