クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

大きな家具もDIYできる!~スタイリッシュなソファ~

大きな家具もDIYできる!~スタイリッシュなソファ~

ソファのDIYなんてできるの?そう思う方が多いと思います。イスを作るのは大変難しく、座面や背もたれの角度などを人間工学的に設計しなくてはなりません。

しかし今回は、かっこよく、スタイリッシュなデザインのものを部屋に置いて部屋をおしゃれにしたい!という思いのもと製作しているので、難しく考えなくても、材料と作り方が分かれば、ソファを作ることができるのです。

作業にかかる時間は?

2日程度。塗料を乾かす時間が必要なので、1日目で塗装まで全て終わらす。2日目で組み立て。といった流れで作業を進めるのが良いと思います。 

これを揃えればできる!必要なもの!


費用は約35000円(座面のクッションを省く)

材料はコーナンなどのホームセンターで全てそろえることが出来ます。つや消しのニスはネットで注文しました。

 作り方

ここから作り方を詳しく説明していきます。

 1. ヤスリがけ


まずはベニヤ板を裏表すべてヤスリをかけます。

ヤスリをかける理由としては、座ったときの肌触りをよくする、身体に触れたときに木が刺さらないようにする、ということです。角にヤスリをかける際には少しだけ角がとれて丸くなる程度までヤスリをかけます。

目で見て、手で触って木がはがれそうにないというところまでヤスリをかけましょう。

人が座ったり、手で触ったりする部分には特に気をつけてください。

難しいポイントはどのくらいヤスリをかけるかです。削りすぎてもダメです。なぜかというとイメージを崩してしまうからです。かっこいい、スタイリッシュなソファを作るので、丸い印象にはならないようにしまししょう。

 2. 塗装

今回の塗装は塗る範囲が広いので、はけではなくローラーを使います。塗料は水性塗料を使います。
[☆ローラーの使い方]
ローラーに毛やゴミなどが付いていないか見て、付いていたら取っておきます。ローラーにたっぷり塗料をつけてよくしごいてから塗り始めます。塗るときは端から塗っていきます

二度塗りまでの間、ローラーをそのままにしていてはローラーに付いた塗料が乾いて、塗りにくくなってしまうので、ビニール袋に入れて空気を抜いてゴムでしばっておきましょう。

片付け時は、新聞紙などで塗料をよく落としてから水洗い→中性洗剤の順で洗って、乾かします。

塗装の範囲が広い分、塗っているときに塗料が分厚くなったり、薄くなったりするのでまんべんなく全体に同じ厚さで塗るようにします。少しずつ塗ると何度も塗料が重なり、まんべんなく塗れません。なので塗料が均一になるように、刷毛を動かす距離を長く取りましょう

ローラーで塗りづらい小口の部分などは刷毛で塗ります。 

小口の部分は塗料を吸いやすく、きれいに塗れない場合がありますがそれでも大丈夫です。1度乾かして、2度塗りをしましょう!30分~1時間ほどで乾くので、全体を二度塗りします。先ほどと同様にまんべんなく塗りましょう。

 3. ニス


今回使ったニスはつや消しのニスです。他にもつや有、半つやなどのニスがありますが、ソファをマットでシンプルな印象のものにしたいので、このソファにはつや消しを使います。

少しつやがある塗料の上から塗ってもつやを消すことができ、マットな仕上がりになります。これもローラーで塗ります。が、このニスはすごくさらさらしているので、塗る際に他のところに垂れてしまわないように気をつけましょう。

ローラーで塗ったときに塗り跡が残ってしまうので、跡が残らないように少しずつ塗るのではなく、長いスパンで塗りましょう!

 4. 組み立て


いよいよ組み立てに入ります。金物の位置はこれ!

 


青がL型金物小、ピンクがL型金物大です。

まずはじめに、座面に下の支え①をつけます。

ここで、インパクトドライバーの出番です。ゆっくりとまっすぐに打ちましょう!
次に下の支え②をつけます。

次に側面②をつけます。横に倒して、背面をつけます。


最後に側面①をつけます。

 5. クッションを置いたら完成!


クッションは何でも良いですが、大きくて分厚いのを置いたほうがかっこよく仕上がると思います!

まとめ

DIYでソファ、作れそうだと思っていただけましたか?思うようなソファが見つからない!売っていない!という時は自分で作ってみる。というのも視野に入れてみてください! 

一人で好きなように作るのも良し!仲間とわいわい作るのも良し!家族で理想の住まいを作っていくのも良し!この記事は引き続き、楽しいDIYを紹介していきます! 一緒にDIYの魅力にはまっていきましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

髙田 菜々

髙田 菜々

DIY事業のリーダーと営業を担当。マイブームは写真を撮ること。スマホでばかり写真を撮っているので、カメラを買おうと計画中!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top