クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

えっ、これでだけでいいの?流木で作る簡単&格安DIY

%e5%9b%b31

こんにちは、クジラインターン生の山根です。
最近大阪に引っ越しをしました。
元々出身は奈良県なのですが、昔から遊びに行ってたこともあってか大阪は奈良の次に住みやすくていい街だと思います。

引っ越しするにあたって家にあったものを整理しようと思い、ひとまず荒れている部屋の片付けから入ったのですがなかなかこれが大変。
毎回片付けをする度に「収納術を勉強しよう」と思うのですが実行に移せずにいます。
今回はその収納術のお話…と言う訳ではなく、家具について記事を書きました。

家具といっても一口には言えず様々ありますが、それぞれ種類も違えば色も違います。
実は引っ越しの際、部屋の壁紙の色や枠の色がまるっきり違う部屋を選んでしまったので、家具を搬入してから「これはなんか違う…でも家具を全部買い換えるほどお金に余裕はないしな…」ということがありました。
なんとか安くいい感じの家具が欲しいと思い、前々から気になっていた流木DIYに挑戦をすることに決めたのです。

DIYの材料費って実は…

DIYといえば一般的にホームセンターなどで木材などを購入して作るものなんですが、材料費が意外とするんですよね。
例えば下のハンガーラックの材料費内訳は、img_5933・キャスター 800円
・木材 4000円
・ビス 200円
・塗料 500円
・ポール 1000円
計 6500円

高い!!!

確かに既製品で似たようなものを買うよりは安いですが、初めてDIYをする方は成功するかわからないものに、これだけの金額を投資するのは勇気がいります。
僕は手先も器用なほうじゃないし、DIYなんかせずにニトリかIKEAに買いにいってしまいます…

そこでお勧めしたいのが「流木」を使ったDIYです!
今回はDIY初心者の筆者が実際に流木DIYをしてみて、かかった費用や作業の一連の流れをご紹介します。

今回作るのはこの4つ。

・フォトフレーム
・ミニチェア
・ハンガーラック
・ランプ

どれも初心者向けのものなので、是非参考にしてもらいたいものばかりです!

今回流木DIYに挑戦するのはこの4人!

クジラDIY事業部の方に指導してもらいながらサクサク作製していきます!

作業前の下準備

まずは何と言っても流木の採取から。流木DIYでは、この採取が最も重要になってきます。もし採取の段階で中が腐った木や、自分の作りたいものに適していない木を拾って来ても使いようがないのでご注意を!img_4934

今回作るものに必要なのは、
・フォトフレーム→長さ20cm程度の枝木数本
・ミニチェア→長さ20cm程度の枝木数本+長さ20cm程度,幅20cm程度の木
・ハンガーラック→長さ1.5m程度のまっすぐな木
・ランプ→大きめの幾つかに枝分かれした木
ですが、見た目では完全に腐っているかどうか判断できないので、念のため余分に採取しておきます。でも取りすぎはダメですよ!

次に、木の中にいる虫を取り除くために重曹でアク抜きをします。このとき、重曹の量は説明書通りにしてください。熱湯であれば、1日ほど漬けておけばほぼ完全にアク抜きができます。また、冷水だとアクが抜けきるまでに1週間ほどかかるので注意してください。

今回塗装はしていませんが、塗装するなら100均で買えるニスがおすすめ。やはり100均、恐るべしです。

作業工程

下準備が終わったら、作業に取り掛かります。
まずは木のセレクション。 
作るものに適した大きさ、色合いを考えてチョイスしていきます。

これ使いたい、なんて思ってたものに限って中が腐っていて使えませんでした…トホホimg_4913ああだこうだと言いながら、お気に入りをチョイスしました!img_4914

ここから釘やボンドで接合していきます。
釘にも様々な太さや長さがあるので、木材に合った釘を選ぶことが大事です。

とはいえ、家に余っている釘でもなんでも好きなもので大丈夫です。
木と木をつなげられればOK!
otomarinpic-056otomarinpic-057

こちらはランプに流木を引っ掛けている模様。otomarinpic-003

完成!

出来上がった作品はこちら。

フォトフレーム

otomarinpic-048写真立てではなく、フォトフレーム。
木をボンドと釘で固定しただけですが、流木ならではの味わいが出ていて店で売っているものとは雰囲気がまた違いますね。
こんなのが家にあったらおしゃれ認定間違いなしです。

ミニチェア

otomarinpic-062

こちらは雑貨屋さんのディスプレイなどで使われていそうなミニチェア。足の部分の長さを揃えるときに、のこぎりが必要なので注意!
のこぎりがない方は、採取の段階で同じ長さの流木を拾うことが必要です。
それでも全く同じ長さの流木はなかなかないので多少グラつくかとは思いますが、そこは流木ならではということでご愛嬌、ということで。

ハンガーラック

otomarinpic-085

写真の通り、一本の長い流木を麻ヒモに引っ掛けて吊るしただけ。
たったこれだけでもお洒落で立派なハンガーラックができます。
今回使用した木は節がいくつもあるため、ハンガーが滑り落ちてくることもなく綺麗に掛けることができました!

ランプ

img_4909

こちらも、ランプのコードを流木に絡めて吊るしただけ。写真のようにレトロ電球を使えばお洒落さもアップします! 

そして今回、DIYにかかった費用は…500円
なんてリーズナブルなんだ!

ちなみにその内訳は、
・流木 0円
・ボンド 100円
・釘 100円
・重曹 300円
合計 500円

となっています。

流木コーディネート

さらに部屋のコーディネート例もご紹介しちゃいます!s__1458348s__1458347全体的にナチュラルな色合いの部屋に流木はピッタリですね!

いかがだったでしょうか?筆者は想像以上にDIYが楽しかったので今後も自分でやってみようかと思います。
目標はDIY家具だらけの部屋にすることです!
なんか秘密基地みたいになりそうで子供心がくすぐられます(笑)

DIYを全くやったことのない方でも気軽にできる流木DIY。
難しそうと思って敬遠していた方は、これを機に一歩踏み出してみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

山根広大

山根広大

営業担当をしています。今年の目標は、海外旅行のための貯金をすること!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
2533

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top