クジラ株式会社

大阪でワンストップリノベーションするなら
クジラ株式会社にお任せ下さい!

ここが違う!リフォームとリノベーションって?

最近では、雑誌やサイトでよく目にするようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味と捉えている人も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は混同しやすい「リノベーション」と「リフォーム」も違いを、事例を挙げながら紹介していきたいと思います。
リノベーション

リノベーションとは??

リノベーションとは、改修・増築をすることにより付加価値を増大させることで、築年数の経過した住宅やマンションなどを新たな住まいとして生まれ変わらせることを言います。リノベーションは規模の大小で金額や工期が異なってきます。

リフォームとは??

それに対してリフォームは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。マンションやアパートの場合、入居者退居後、その入居者の住む前の状況に戻すことを指すこともあり、原状回復とも言われています。

リフォームは、マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いで使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

建設省(現 国土交通省)の定義では

  • リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
  • リフォーム=新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)記事

リノベーションとはいったいどんな工事のことを指すのか?

リノベーションは、「倉庫から住宅」「店舗から住宅」など、建物を用途変更し、住宅として再生するものを指します。

例えば、制震、耐久、防水、防火、防音、防犯、省エネなどの住宅の性能を向上させるものや、3LDKから1LDKといった部屋数変更を伴う間取りの刷新、部屋数をそのままにして面積だけを変更するといった工事、などがあります。

もう少し具体的に説明すると、、、

リノベーションの場合
・新幹線沿いの賃貸マンションに住んでいて、電車の音がうるさいので、床材、壁材を変更し、防音機能を向上させた。
・中古マンションを購入して、部屋の間どりを変更した

リフォームの場合
・引っ越してきた部屋の壁が穴があいていたり汚れていたので元どうりの状態に戻した。
・フローリングが傷だらけだったので、既存の床を壊し同等の床材と取り変えた。

最近では施工会社の技術が向上してきており、見た目や快適性においては新築と変わらないレベルの住まいを「リノベーション」によって手に入れることも可能です。

(おまけ)リノベーションはこんな人にお勧め

①立地にこだわる人

家族が増えて、今住んでいる部屋も手狭になってきたので、新しく広い家に住み替えたい。しかし、子供のことを考えると今通っている学区内にせざるを得ないために、意外と場所が限定されてしまいます。

よって、空いている土地がない、新築物件がないという理由であきらめている人も多いでしょう。

そんなときに中古物件も検討範囲に入れればかなり幅が広がります。広い中古物件を選びリノベーションすれば、思い通りの家にすることができます。

 ②デザインにこだわる人

自分なりの住まいのこだわりがある人にはリノベーションがおすすめです。ジャグジー付の露天風呂、ガラス張りの浴室、天窓をつける、カウンターテーブルを付けるなど、オリジナリティがある家を作り上げることができます。

今回紹介した①、②に該当する方、興味がわいた方は是非リノベーションを検討してみてください。

まとめ

リノベーションとリフォームの違い理解していただけたでしょうか?

つまり、リフォーム=修繕、リノベーション=改修、となっています。元の住宅より高性能に生まれ変わる工事、新たな価値を付加する工事が「リノベーション」。言葉を変えると、リフォームは回復、リノベーションは変身といったところでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いたのはこんな人

松田 颯人

松田 颯人

営業・DIY・人事を担当。マイブームは本を読むこと。今まであまり気が乗らなかったのですが、苦手だった読書が楽しくなってきました!

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@

お問い合わせはこちら

■ お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 06-6375-7720

受付時間 10:00〜19:30

正月・盆・GW以外は無休です。お気軽にお電話下さい。

■ Webからのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ 無料相談・お問い合わせ

■ LINEでかんたん相談!

LINE@
Return Top